« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

子供達が帰宅する少し前、鳴った電話…。
 
相手は娘のクラスの担任の先生。
 
「お母さんも話は聞いてるかも知れませんが…」
なんとも歯切れの悪い話し出し
 
はいはい。
話は娘からも、娘のお友達からも聞いているし、最近帰宅した娘から話を聞き出すのが日課にすらなって来ました。
 
その内容は…
 
娘のクラスのDくんは、娘の事がかなりのお気に入り。
 
それだけなら大した問題じゃないんだけど、執着がすごいらしいの。
 
席やいろんな順番はもちろん隣か一緒がいい。
叶わないと近くのお友達にちょっかいを出し叩くは蹴るはの大暴れ。
 
だから、クラスではすぐ暴力を振るう。だから近寄らない。と、かなりの悪循環。
 
娘には、スカートめくりに浣腸、止めてと言っても追いかけ回し抱きついたり、授業の前にも物を隠し困らせ、下校前には靴を隠したり学校の外まで持っていったり、ランドセルを隠し下校が出来ないと。
 
先日は「結婚しないと殺す」とまで言われた娘。
 
小学校2年生が言う言葉なのかと驚き、
「お母さんから先生に言おうか」って言っていた矢先の先生からの電話です。
 
授業がイヤになると飛び出すと言うDくん。
先日は、学校を抜け出し1人ザリガニ捕りをしたという。
気に入らないと、口より手が出るDくん。
 
 
素人の私目線でも、発達障害を疑ってしまう。
どうなんだろう?
 
 
可愛い我が子に嫌がらせばかりしてもう近づかせないで下さい
って言ってやりたいけど、もし、何かしらの生きにくさを持っているなら、今しっかり周りの大人が教えてあげないと。
 
Dくんがしている行為は、好きな子にもっと嫌われてしまうこと。
力ずくで叶えようとする行為は、大人になったら犯罪者になってしまうかもしれないこと。
 
周りの大人が今ちゃんと教えてあげないと、娘が大きくなって取り返しのつかない被害者にさせられたら困るから。
 
先生にも伝えました。
 
そして、Dくんの行動に毎日我慢をしている娘がいること。それから、しっかりフォローして頂だきたい胸をお願いしました。
 
先生は、辛い思いをしてる娘に申し訳ないと言い、いつも笑って大丈夫って言ってくれるけど、ちょっと顔に元気の無さを感じて…と。
ただ救いなのは、たくさんのクラスのお友達が出来る範囲で娘を助けようとしているらしいです。
 
だから、娘は毎日楽しそうに学校へ行くんだと思います。
 
帰宅した娘には
 
「今Dくんの事で先生から電話あったよ。お母さんもパパも先生もお友達も、みんな見方だからね、辛いときは我慢しないで泣いていいんだよ。こんなにイヤなんだよってDくんに見せてあげればいいよ」
 
って言いました。
 
ちょっと泣き出しそうな顔になった娘。
でもすぐに「うん!」って笑ってくれました。
 
本当、心の強い子です。
 
 
トラウマになるほど、娘の心が傷つく前になんとかしなくちゃいけないね。
 
しばらくは娘の様子を見ていきます。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

学校見学

来春には小学生のう〜。
 
今日は、第一候補である特別支援学校の見学会に行きました。
 
 
今いる盲学校での同級生は3名
 
今日の見学会に来ていたのは、なんと20名 
 
 
もちろん、全員が来るわけではないけれど、すごい人数差だよね。
 
 
私が知ってるだけでも、半分の10名は入学予定だもん。
 
 
どこの小学校を選んでも、学校自体にはそれほど格差はない印象かなぁ。
 
 
大きな差があるのだとしたら、相性の良い先生との出逢いかなぁと思います。
 
 
そこを言うならば、今の盲学校での先生との出逢いは、と〜っても大きな出会いです。
 
これ以上温かで、熱心な先生にこれから先、出会えるかしら?
 
そして、我が家のう〜と母である私が、どれだけ先生の「〜させたい」という気持ちにさせられるかが課題かなぁと思います!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

PT

久しぶりのPTです。
 
美味しい給食食べた後のこの時間帯は、比較的ごきげんなう〜。
顔が中心に来ていないと、背骨が曲がりやすいみたい
 
 
とっても体がしっかりしてきたう〜。
 
先生の期待以上に、上手にバランス取れました。
 
頑張りました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャント圧

先日、台風4号が来ていた火曜日。
 
こども病院でMRIを撮りました。
 
眠剤だけで眠るか心配だったう〜ですが、バッチリ十数分で眠りました(優秀
 
シャントの流れや脊髄の水の溜まりも、ほぼ問題なく順調だそう。
 
産まれたときから120のシャント圧。
 
もう少し下げたいとずっと懇願していた母。
 
下げたことにより、脳が膨らむと良いんだけど、かなりの脳が水圧によるダメージで正常に機能していないう〜には、シャント圧を下げることによって、違う場所に水が溜まったり、出血するのが怖いために、なかなか医師の許可が下りないの。
 
 
今回のMRI画像を見て
 
「思っていたより、脳のシワが多いよ」
 
と、医師からの嬉しいコメント
 
初めて出会った脳外科医が昔
「お母さん、う〜くんの脳はダメージが大きく、成長する中でどれだけ膨らんでくれるかなんだけど、脳はね、たくさんあることよりシワのが大事なんだよ」
って教えてくれたよね。
 
私の顔のシワを、う〜にあげれたらいいのに。
 
 
それも後押ししたのか、医師が120の圧から100へと下げてくれるといった。
 
ただし、これ以上は無理だろうとの事でした。
 
 
産まれたときの病院では、将来的に80くらいになると理想と言われたんだけどなッ。
 
相当、脳へのダメージが大きいとの事なんだろうね。
 
奇跡、起こらないかな〜
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

先週の金曜日。
そう、埼玉スタジアムにサッカー代表の試合を見に行ったあの日。

我が家の長男は大変だった。

遊びに出掛け、夕方帰宅した長男は、全身びっちょりで泥だらけ、大泣きをしての帰宅だった。

訳を聞くと、上級生にやられたと…

よくよく話を聞くと、上級生が最初にちょっかいを出したのは長男でなく顔見知りの長男のお友達。


悪ふざけがエスカレートした上級生は、お友達の荷物を川に投げ始めた。

川に投げられた荷物を取りに川に入り、友達を助けた長男。


自分達の言うことを聞かない長男達に怒った上級生達は、棒をもって向かってきたらしい。

かなわないと思った長男は、通行中の男性に助けを求め、度を超えた悪ふざけと感じた男性は学校に通報。

金曜日の夕方、孫3人を任された実家の母は、さぞかし驚いたことでしょう。


夜に、お友達とお父さんがお礼を言いに来た。


今日、学校からも上級生達の指導に入ったこと、大人に助けを求めた対応が大怪我に至らなかったと、お褒めの電話を頂きました。

喧嘩嫌いでマイペースな長男。

よく、お友達同士で意見が割れると、仲裁している長男。

大事なお友達を助けに入れたの、偉かったね。
喧嘩も強くないし、不器用で運動も苦手。
怪我がなくて本当に良かった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

作品

娘が学校で描いた絵が、歯のコンクール作品に選ばれたと言うので、飾ってある保健センターに見に行きました。
 
歯に関するイベントをしていて、凄い人、人、人
 
エレベーターのないセンターで、う〜を抱っこして(いつまで出来るか)の観覧、長時間はキツくなってきたよ
 
綺麗な色づかいで上手に書けました 
 
真ん中が自分で、周りは家族だそうです
 
コンクール作品の中で
 
「佳作」
 
に選ばれてました
 
やったね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

埼玉スタジアム着きました〜
 
ど真ん中です!!
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本VSヨルダン

埼玉スタジアムに向かってます!!
 
ガンバレ日本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

循環器科

学校から長男が持ち帰った
「心臓検査再検査」
 
再検査後の診察で、もっと検査が必要との事で紹介状を渡されてしまった為に…
 
 
長男を連れ、「こども病院」へ行きました。
 
☆トレッドミル心電図☆
 
歩いたり走ったりしながら、心電図や血圧を診る検査
 
坂道にしたトレーニングマシーンで走ったりして、結構ハードな検査でした。
 
再々検査の結果は
 
異常なし
 
運動前も運動中も運動後もQTの値は正常値を指してました。
 
医師からも
 
「ぶっちゃけですが…今までの再検査の数値は無かったことに。と言っても良いほど問題ないですよ」
 
なんて言われたほど、元気な長男でした。
 
学校も休み、丸一日かかった検査でした。
時間とお金と引き換えに、安心をもらって帰宅しました
 
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

「秘密基地作ったんだぁ」
 
ここ数日か遊びから帰宅した長男がとても楽しそうに言っていた言葉。
 
 
友達と遊ぶ時も、家でゲームをして遊ぶことも多いから、ここ数日は外遊びしていて
 
 
ヨシヨシ
 
 
と思っていたのに、秘密基地の場所は、なんと公園内の木の上。
 
板を張り、椅子を乗せ、近隣住民の注意も聞かずに仕上がった秘密基地。
 
 
注意を聞かなかったとあって、近隣住民から学校へ苦情の電話があったらしい。
 
すかさず、我が家にも担任の先生から状況報告と、がれき処理をするようにとの電話がありました。
 
 
外遊びで楽しんだまでは良かったけれど、公共の場で秘密基地はマズかったー
 
 
先生にお叱りを受け、長男も反省したことでしょう。
 
不快な思いをさせてしまったた近隣の方と、謝罪をし、片付けをしてくれた先生には申し訳なかったです。
でも…
 
遊ぶ場所が少ない今の子供たちも可哀想…と思ってしまった母は甘いでしょうか!?。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

運動会

今日は視覚特別支援学校の運動会
 
幼稚部から高等部まで、年の差ありの運動会です。
 
今日、学んだこと。
 
視覚の弱い子供たちには、音がとても大切。
 
 
徒競走は、音を頼りに走る子供たち。
 
だから、保護者の
「ガンバレ〜」
 
は、御法度。
 
ゴールの音が聞こえなくなるもんね。
 
アイマスクをして参加した
 
「フロアバレー」
 
こんな競技があることも知らなかったよ。
 
でも見てるととても楽しい。
 
見えない人にとって、音って大事なんだぁって再認識した1日でした。
 
見えない子の運動会。
 
 
とっても勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »